今月の篆刻

  • 笑う ( )

    笑う

    こんにちは! 名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は「笑う門には福来る」の笑うを一文字で彫ってみました。 大変なご時世だからこそ笑う事が大事だと思います。 「笑」という字が笑っているように見えますでしょうか. 皆様、黄砂、花粉症にお気をつけ下さいませ。 では又  日之出堂 店主

  • 成住壊空2 ( じょうじゅうえくう2 )

    成住壊空2

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。  今日は先回に続き、成住壊空を朱文にて篆刻してみました。 朱文にすると又、趣きが違います。 日之出堂  店主

  • 成住壊空 ( じょうじゅうえくう )

    成住壊空

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は成住壊空という仏教の言葉を白文にて刻してみました。 四劫(しこう)とも言います。あらゆる生命体や物質は成劫、住劫、壊劫、空劫 の過程をくり返して存在しているという教えです。成劫は生命体や全ての物が生まれるまでの期間 住劫は生命体や物が安定して存在している期間、壊劫は全ての生命体や物質が壊れる(死)期間 空劫は消滅した生命体や物質が宇宙に冥伏(みょうぶく)している状態で、それは空という状態、 有るのでも無いし、無いでも無い状態の期間だそうです。また空は縁により成劫、すなわち生まれ 出るそうです。壮大なスケールの教えでもあり、また自分自身の身近な出来事、にも通じる教えと 思いながら篆刻してみました。 では又  日之出堂

  • ( つつしむ )

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は慎むという字を彫ってみました。書体は小篆を印篆風に字入れをして 外枠をつけて白文にて彫ってみました。 慎みの心、なかなか持てないですが、篆刻する事でこの言葉(文字)を 心に刻みたいと思い作ってみました。 では又     日之出堂  店主

  • 喜2 ( よろこび )

    喜2

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は先回に続き喜を彫ってみました。同じ朱文でも趣きが違います。 石の欠けかたの感じがとても気に入っています。篆刻の面白さと感じています。 石と対話するかの如く篆刻を楽しんでいます。この印も12ミリ角のサイズです。 では又    日之出堂  店主

  • ( よろこび )

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は喜という字を彫ってみました。勢いに任せて彫ってみました。 プラスイメージの文字を彫りたいという事と本年が喜ばしい年で ありますようにと彫ってみました。 では又   日之出堂  店主

  • ( あい )

    こんばんは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は先回に続き一字を彫ってみました。12ミリ×12ミリの石に 愛と彫りました。愛は大切ですね。人類愛、家族愛、兄弟愛、夫婦愛、 色々な愛がありますね。このような愛に囲まれて人々は生きていける のですね。愛に感謝です。 愛知県の愛、女性の名前もありますね。 では又 日之出堂  店主

  • ファミリー 友2 ( ファミリー とも2 )

    ファミリー 友2

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 今日は先月に引継ぎ友を白文にて彫って掲載させていただきました。 友という篆書は印章新書体であります。 この印の字の「友」は自分のファミリーの頭文字でもあり、彼女に使って 頂く事になりました。寸法は大体10ミリ角くらいです。 自分の名前の1字を朱文、白文にて彫った物を持っていると年賀状や 絵手紙などに使えると思います。 日之出堂 店主

  • 友1 ( とも )

    友1

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は12月24日のクリスマスイブです。皆様はどんなケーキを食べるのでしょうか。 今年は大変な年でしたね。来年はいい年が来るように願いを込めてお祈りいたします。 そこで今回は友という字を篆刻してみました。友は大切です。色々な事を教えてくれます。 友に幸あれ。という気持ちで、また願いを込めて彫ってみました。今回は朱文です。 来月は白文で友を掲載します。 では又 日之出堂  店主

  • 辛丑(かのとうし) ( かのとうし )

    辛丑(かのとうし)

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は来年の干支である辛丑を篆刻してみました。 辛というのは陰陽五行論の木、火、土、金、水のうちの金 の「かのと」であり、丑は12支のうちの一つであります。 それが組み合わさった干支です。 書体は金石文字で彫ってみました。 来年の2021年が皆様にとって、人類とって良い年になりますよう願いを込めて 彫ってみました。 では又 日之出堂

  • 法灯明 ( ほうとうみょう )

    法灯明

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今月はお釈迦様の教えで「法灯明」を彫ってみました。字が押印した時に白くなるので白文です。 この言葉は前回彫った自灯明と対の言葉です。自灯明は自らを頼りに生きていくという意味であり、 この「法灯明」は真理を頼りに生きていくという意味であります。お釈迦様は亡くなる前にお弟子さんに この2つの言葉を教えて下さったのです。自らをたよりに真理に基づいて生きるのですよとお釈迦様は現代 私たちに語りかけて頂いている思いがします。灯明の灯は篆書字典でひくと火ではなく金から出ていました。 漢字は奥深いですね。

  • 自灯明 ( じとうみょう )

    自灯明

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は仏教の教えである「自灯明」を篆刻してみました。 自灯明とは自分自身を灯火として、この先々見えない自分の人生を歩いて行くという 意味であり、私にとっても今コロナ禍において自分自身をしっかりと持ち自身を頼りに生きていく という覚悟はとても大切な事ではないかと思いを巡らせて「自灯明」を篆刻してみました。

  • 無我 ( むが )

    無我

    無我とは仏教の教えあり、全ての事物、自分も含めて現象として成り立っているだけで 不変的な本質は存在してはいないという教えです。難しい教えですね。人間、皆、自我があるので 無我と言われてもなかなかピンと来ないですよね。自分はこの言葉を考える時、色々な人生の問題 出来事を少し俯瞰的(ふかんてき)に捉えるようにする事が大切ではないかと思います。 少し冷静になれるという事なのでしょうか。そんな事思いながら篆刻してみました。

  • 五月雨 ( さみだれ )

    五月雨

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 梅雨明けにやっとなりました。今日は梅雨の時に作った篆刻で 梅雨の言葉を違う言葉で篆刻してみました。 それは五月雨(さみだれ)という言葉であります。松尾芭蕉の俳句 「五月雨をあつめて早し最上川」が有名ですね。 五月雨だと梅雨も爽やかなイメージになりますね。言葉の力ですね。 とにかく梅雨が明け暑い夏がやってきましたね。 皆様におきましては体調など崩さず暑い夏を乗り切って下さいませ。 では又

  • 晴久 ( はるひさ )

    晴久

    今回は自分の名前晴久を白文にて篆刻してみました。 サイズは縦13ミリ横12ミリくらいの印です。 暑中見舞いのお便りのハガキに押印してみます。