今月の篆刻

  • 無生法忍2 ( むしょうほうにん )

    無生法忍2

    こんにちは!愛知県名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は先々回に彫った無生忍(無生法忍)の印文で白文にて 彫ってみました。 自分としては白文にて彫った無生法忍の方が好きです。 意味については先々回の篆刻ブログで挙げておりますので 閲覧してくださいませ。 毎日暑い日々が続きますが お体ご自愛下さいませ。 では又 日之出堂  店主

  • 小暑 ( しょうしょ )

    小暑

    こんにちは!愛知県名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 大変暑い日が続きますが、皆様の体調はいかがでしょうか。 自分は少々夏バテであります。 今日は7月7日頃を二十四節季では小暑というそうです。 この暑さ小暑というよりも大暑ですが、小暑といいます。 白文にて暑さを吹き飛ばす気持ちで篆刻してみました。 まだまだ暑い日が続きますがお体ご自愛下さいませ。 では又 日之出堂  店主

  • 無生忍(無生法忍) ( むしょうにん(むしょうほうにん) )

    無生忍(無生法忍)

    こんにちは!愛知県名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は仏語である無生忍(無生法忍の略)を朱文にて篆刻してみました。 無生忍とはあらゆる全ての事象は不生であり、不滅であるという事を認める あらゆるものが生まれてもいないし、滅してもいない。 自分なりに解釈するのは、おこがましいとおもいますが、篆刻をしながら あらゆるものは形を変えて流れて行くもので縁により、その姿を現したり、 現さなかったりする。その実体は空である。その考え方、有り様をまず 認める事が、大切な事であり、解るのでは無く、ただ認める、受け入れる 事が大事で、その結果として心の安定を得るという事なのかと思い、 篆刻してみました。 では又  日之出堂  店主

  • 平和 ( へいわ )

    平和

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は平和という言葉を白文にて篆刻してみました。 和という文字の偏(へん)と旁(つくり)が逆と思われた方がいるかもしれませんが 篆書には、この様な文字もあるのです。今回はこの文字を使いました。 今、ウクライナで起きている侵略戦争が一日も早く終わり、平和が訪れる事を 願い平和という言葉をを彫ってみました。 では又 日之出堂  店主

  • 報恩感謝 ( ほうおんかんしゃ )

    報恩感謝

    こんにちは!愛知県名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は報恩感謝という言葉を白文にて彫ってみました。 日頃の感謝、自分を支えて頂いて下さっている周りの人たちに感謝、 ご先祖様に感謝、父母に感謝、友人に感謝、ここに住まわせて頂いている土地に感謝、 自分に気付きを与えて頂ける師に感謝、本当に今現在あるのは支えてくださる 人たち、出来事、環境のお陰であります。 感謝して恩に報いるという意味ですが、本当に自分自身もそうありたいと願い、 「ありがとう」の思いをこめて篆刻してみました。 日之出堂  店主

  • 立春 ( りっしゅん )

    立春

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 まだまだ寒い日が続きますが、2月4日は立春であります。 二十四節季において春の始まりとされております。 早く暖かい春が来る事を思いながら朱文にて立春という言葉を 篆刻してみました。 日之出堂  店主

  • 壬寅 ( みづのえ とら )

    壬寅

    明けましておめでとうございます。 名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は今年2022年の干支である壬寅を白文にて篆刻してみました。 寅という文字が強そうに彫れていますか。 寅は一日で千里を走りさらに千里を戻ってくるほど活力と行動力があると言われています。 一里は約3.9㎞だそうですのでそ千倍は3900㎞となります。まさに日本の国土が約3000㎞ ですので日本を縦断するほどの勢いです。 今年の世界、日本、皆様、自分自身も勢いのある年である事を願っています。 まだまだ寒い日々が続きますのでお体ご自愛下さいませ。 では又   日之出堂   店主

  • 独生独死 ( どくしょうどくし )

    独生独死

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は仏語の独生独死という言葉を朱文で回文にて彫ってみました。 回文とは回して読む文です。言葉の意味は 人は一人で生まれてきて、人生という旅路を生き、また一人で 死んでいくという言葉です。何だか寂しいと思いますが、言われてみれば その通りです。この言葉の意味するところは他者に依存しないで又自分自身が 周りの環境により動揺しないという覚悟をもって生きなければならないですよと 教えて頂ける言葉だと思います。自分もこの言葉を思い、篆刻してみました。 では又   はんこ屋の日之出堂より

  • 安心立命 ( あんじんりゅうみょう )

    安心立命

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は35ミリ角の青田石に安心立命と白文にて篆刻してみました。 仏教の言葉であり、意味は天命を知って心を穏やかにして、安らかにして どんな時も動揺しないで生きるという事です。 自分自身に言い聞かせながら彫ってみました。 始めは儒学の言葉であり後に仏教の言葉になったそうです。 日之出堂  店主

  • 和2 ( わ )

    和2

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は先回に続き「和」を9ミリ角の青田石に白文にて 彫ってみました。 朱文とは、また趣きがちがいます。 世の中が平和でありますように、コロナ禍もおさまりますように、 人の心も和みますようにと彫ってみました。 日之出堂  店主

  • ( わ )

    こんにちは! 名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は和を朱文にて彫ってみました。 12ミリ角の青田石にて作りました。 一日も早くコロナ禍が終息して平和な暮らしが人類に訪れますよう 思いをこめて一字篆刻にて「和」を彫ってみました。 次回は白文にて彫ってみます。 日之出堂  店主  

  • 夏至 ( げし )

    夏至

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は6月21日夏至ですので夏至を30ミリ角の石に朱文にて彫ってみました。 夏至の太陽のエネルギー、力強さを感じられる印になったでしょうか。 そう感じて頂ければ幸いです。 暑い日がこれからは続きますので、お体ご自愛下さいませ。 では又       はんこ屋 日之出堂  店主

  • 薫風 ( くんぷう )

    薫風

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は5月の季節の言葉、初夏の季節の言葉である薫風という 文字を20ミリ角の石に篆刻してみました。 風が薫る季節という意味です。今年の5月、天気の良い日は心地の良い風が 吹いていたように思います。 梅雨の季節も短いと良いと心の中で思っております。 では又   日之出堂  店主

  • 色即是空 ( しきそくぜくう )

    色即是空

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は色即是空という仏語を35×35の石に白文にて彫ってみました。 言葉の意味はこの世にある目に見える全ての事象は空である。 という意味であります。空は無でも有でもなく、どちらでもある。 ゼロであるが、そこには限りない力が秘められている。全てを生み出す力が 存在していると、自分は思っております。 そんな事を思いながら篆刻してみました。 では又   日之出堂 店主

  • ( はる )

    こんにちは!名古屋市中村区にあるはんこ屋の日之出堂です。 今日は自分の名前の一字を彫ってみました。 9ミリ角の印材に朱文で晴と彫ってみました。 両親が心が晴れ晴れするようにとつけてくれました。 では又   日之出堂  店主